上海大学本校

ABOUT

上海大学の概要

上海大学は1922年に創立されました。中国教育部と上海市政府が共同で設立した国立大学であり、且つ国家重点大学です。上海市内に3つのキャンパスがあり、敷地面積だけで200万平米と非常に広大です。専門も多岐にわたり、哲学、経済学、法学、文学、理化学、工学、管理学、芸術学など全26学部を設けています。

また図書館や実験室設備も中国トップレベルです。上海大学が有する実験室は他国と共同のものや、中国国家や上海市と合同で使用しているものなど、国内外を問わず多くの研究者から重視されています。図書館所蔵の書籍数も394万冊と、優秀な人材を育成するために良質な教育環境を追求しています。

2018年現在、在籍学生数は全日制学部生が20,000人、修士課程が16,000人、社会人学生が19,000人以上です。留学生は4,500人を超えています。

上海大学の歴史

上海大学の前身は1922年に国民党と共産党により合同で設置された同名の大学です。当時は"武有黄埔、文有上大"(軍事は黄埔軍官大学、学問は上海大学)と称えられるほどでしたが、その後政治変動のあおりを受け、1927年に閉校に追い込まれました。1994年に改めて開校した上海大学は、上海工業大学、上海科学技術大学、上海科学技術高校専科学校と元上海大学の合併により成立しました。上海大学の校名と題辞"发扬光荣传统,培育跨世纪人才"(輝かしい伝統を発揚し、時代を跨ぐ人材を育成する)はこの時に、それぞれ江沢民総書記(当時)と李鵬総理(当時)によって書かれました。

建学の理念
校訓及び校風
校訓 "自强不息" "先天下之忧而忧,后天下之乐而乐"

…自ら強(つと)めて息(やす)まず

天下の憂いに先んじて憂い、天下の楽しみに後(おく)れて楽しむ

校風 "求实创新"

…実を求め新しきを創る  事実を追求し、創造する


上海大学はこれらの校訓と校風に則り、向上、創造、奉仕、包容、調和の大学文化を築いています。

特色ある総合的研究型大学を目標に、国家や地域社会の発展に貢献しながら、全面的に活躍できる人材を育成します。

国際教育学部
国際教育学部とは

国際教育学部は、上海大学の対外事業と国際交流の窓口です。

対外中国語教育と研究を行うと同時に、上海大学の外国人留学生の募集や、在籍管理、生活サポート、校内の国際交流などの管理業務を担っています。

上海大学東京校の学生が本校に留学する際には基本的には国際教育学部で勉強することになります。また、東京校のカリキュラムは国際教育学部のカリキュラムに則っています。

東京校での学習は国際教育学部での学習に直結しているのです。

もちろん本校独自のクラスもあります。太極拳や中国書道などの選択授業や、同じ学部の中国人学生と一緒に受けられる授業も設けられています。

多様な授業展開をすることで、留学生それぞれのニーズにこたえるとともに、中国文化をより深く理解してもらっています。

国際教育学部長からのメッセージ

我が校*は1966年から外国人留学生を受け入れ始めました。現在に至るまで、115カ国から15,000余りの留学生が上海大学で学業を修了し、 2011年には在籍留学生が3000名を超えました。

私たちは世界各国の優秀な人材を育成することに尽力すると共に、中国国外での教育事業や文化交流にも積極的に取り組み、世界各国の人々と友好を結んできました。

上海は活気に満ちた都市です。そして上海大学は悠久な歴史を持つ一方で、現代的な創造精神に充ち溢れた大学です。上海大学に入学することは正しい選択であること、あなたにとって素晴らしい歳月になるだろうということを私は確信しています。あなたが上海大学の一員となって、校内でお会いできることを楽しみにしています。

*注:上海大学再開前の上海工業大学で留学生受け入れを開始しました

国際教育学部長 姚喜明

上海大学東京校

ABOUT

上海大学東京校の概要

上海大学東京校は、日中の友好関係を向上させ、世界で広く活躍できる人材を育成するため設立されました。

上海大学東京校に入学後、定められた単位数を取得し規定以上の成績を収めることで、上海大学の文学学士が授与されます。

日本国内で海外の大学に通える

上海大学東京校は上海大学本校直轄の大学のため「日本にいながら海外の大学に通う」ということになります。

いきなり海外留学に行くのは大変そう・家族と離れて暮らすのは心細いなど留学には不安がつきものですが、上海大学東京校では日本で生活しながら上海大学本校から派遣された教授の指導の下で一流の中国語教育を受けることができます。

また上海大学の正規の海外校なので、所定の単位を取得し卒業すれば上海大学の学位を取得することができます。

東京校には日本人以外に外国籍の学生も多数在籍するため、異文化交流に興味のある学生にも理想的な環境と言えます。


上海大学本校に通学できる

上海大学は中国屈指の有名大学です。

4年間の学生生活で、最短1学期から最長2年間まで上海大学本校に通うことができます。上海大学本校では、東京校よりも選択できる科目が多く、何より中国の文化を肌で感じることができます。市場で買い物をしたり、現地のクラブ活動に参加したり、中国の友人の家に遊びに行くこともできるかもしれません。中国語の体得を実感できるようになったら、中国に渡ってさらなる成長を目指しましょう!

中国語が身に付く環境

授業は中国人教師により中国語で行われます。対外中国語教育が専門の教授が教鞭をとるので、正しい中国語が自然に身に付きます。

また中国語を学習すると共に、中国の文化、思想、歴史、政治や経済など、様々な視点から中国についての知識を身に付けることができます。

上海大学の学位が取得できる

上海大学東京校を卒業すると、上海大学本校の文学学士の学位を取得できます。

教授代表挨拶

ADDRESS

2019年4月、上海大学の国際化戦略の一環として上海大学東京校が正式にスタートしました。この国際大都市東京で私たち教職員一同は各国出身の学生たちを迎えました。ここでは中国語の基礎科目を幅広く学ぶだけではなく、中国の文化や社会などを深く掘り下げて学ぶ選択科目、また卒業論文を書く実践科目も提供しています。上海大学東京校は、学生たちが豊かな教養を身につけ、広い世界へ羽ばたいていくための翼の育成を日々心がけています。学生の皆さんが世界に通用する国際人材になることを心より期待しています。